未分類

配偶者が、今現在配偶者が住んでいる家とその敷地になっている土地について、相続しました。何か特典は存在しますか?

<解答>
 小規模宅地等の特例により面積240平方メートルまで80パーセントの減額が可能となります。

<解説>
(1) 小規模宅地等(特定居住用)
(一) 概要
 居住の用に供している宅地等を相続した場合において、一定の面積、すなわち小規模宅地等については、要件を満たすことによって、通常の方法で評価した価額から次に掲げる面積については、評価減として、下記の減額割合を乗じて計算した金額の控除が可能となります。

特定居住用宅地等:240平方メートル 80パーセント

(二) 特定居住用宅地等
 80パーセントの評価減となる特定居住用宅地等とは、被相続人等の居住の用に供されていた宅地で、取得者のうちに「配偶者」か、次のいずれかの要件を満たす「親族」がいることとなります。

イ、 被相続人に配偶者または、同居親族がない場合に3年以内に居住用の持家がなく、同居していない親族。
ロ、 同居親族で継続して居住している。
ハ、 生計が一で、相続開始前から居住。

 上記の要件を満たした親族についてが、申告期限まで、当該宅地等を引き続き所有することになり、かつ申告期限まで引き続き居住している(ロ、のケースは除く)場合に限り、80パーセントの減額の適用が可能となります。
 なお、2010年3月31日までの遺贈または、相続においては、取得者のうち1人が上記の要件を満たしていれば、全員に80パーセントの評価減の適用が存在していましたが、改正によって、要件を満たすもの以外のものは適用を受けることが不可能となってしまいました。
 また、1棟の居住用併用建物についても改正がありました。
 2010年3月31日までの相続または、遺贈については1棟の建物の中に特定居住用部分と他の用途部分がある場合においては、按分しなくてもよく、すべてが特定居住用として扱われることになります。したがって、全部が貸付用では50パーセントの評価減であるものが、240平方メートルまでの部分ですが、一部分でも特定居住用となれば、全体は80パーセント評価減となるようです。
 しかし、改正後の2010年4月1日以後については、1棟の建物の敷地に特定居住用と、それ以外の利用とがある場合においては、利用区分ごとに小規模宅地の判定を行わなければならないことに留意が必要です。

(三) 土地が複数ある場合
 複数の宅地を適用する場合には面積の調整が行われることになります。
  A+B×5/3+C×2

A、特定事業用宅地等、特定同族会社事業用宅地等に該当する部分の合計面積。
B、特定居住用宅地等に該当する部分の合計面積。
C、貸付事業用宅地等に該当する部分の合計面積。

(2) 適用要件
 相続税の申告書に、この適用を受ける旨の記載及び計算に関する明細書その他一定の書類の添付がある場合に限り、適用が可能となります。
 なお、この特例は、相続税の申告期限までに相続人等によって分割されていない宅地等が、次のいずれかに該当することになったときにおいては、適用することとなっています。

(一)、期限後3年以内に分割できないことについてやむを得ない事情があり、所轄税務署長の承認を受けた場合、分割できることとなった日として定められた一定の日から4ヶ月以内に分割されたとき。
(二)、申告期限後3年以内に分割された場合。

関連記事

  1. 未分類

    2011年8月に準確定申告をしたのですが、2009年から2011年の被相続人の確定申告を間違ってしま…

    <解答> 1年前・2年前の確定申告の修正申告における付帯税・本税、お…

  2. 未分類

    相続財産を公益法人に寄附した場合、何か特例は存在していますか?教えてください。

    <解答>公益法人等に、相続した財産を寄附した場合においては、その寄附…

  3. 未分類

    被相続人がオーナーとなっていた会社の建物の敷地となっている土地を相続した場合において、何か特例は存在…

    <解答> 小規模宅地等の特例により、面積400平方メートルまで80パ…

  4. 未分類

    事業の用に供していた土地を被相続人が相続しました。何か特例は存在していますか?

    <解答> 被相続人の事業に使われていた部分に限り、小規模宅地等の特例…

  5. 未分類

    10ヶ月以内に遺産分割がまとまらなかった場合はどうなりますか?教えてください。

    <解答> 未分割の場合の申告書を提出し、いったん納税してから、分割が…

  6. 未分類

    被相続人の賃貸アパートの建物と土地を相続する場合において、何か特例は存在しますか?

    <解答> 被相続人の貸付事業に使われていた部分に限り、小規模宅地等の…

  1. 未分類

    被相続人がオーナーとなっていた会社の建物の敷地となっている土地を相続した場合にお…
  2. 未分類

    被相続人の賃貸アパートの建物と土地を相続する場合において、何か特例は存在しますか…
  3. 未分類

    生命保険は契約の仕方によって、受け取り時の税金の取扱いが変わることを耳にしました…
  4. 未分類

    相続税の申告書は、どこへ出せばいいのでしょうか?教えてください。
  5. 未分類

    事業の用に供していた土地を被相続人が相続しました。何か特例は存在していますか?
PAGE TOP